声
VOICE
 
  • 関西国際学園 初等部を今年の3月に卒業しました。KISでの学校生活では、たくさんの良い思い出があります。たとえば、先生たちはとても優しく面白くて、よく冗談を言って、常に笑いの絶えない授業でした。

    また、関西国際学園では、いろいろなイベントがあります。先日は、KIAフェスティバルがあり、皆で食べたり飲んだりしながら、ゲームを楽しみました。

    今年のKIAフェスティバルでは、吉本から漫才師の方々が来て、楽しませてくれました。

    ス ポーツデーでは、先生たちが楽しい競技を考えてくれますが、楽しい競技がありすぎて、どれが一番面白かったかと聞かれても、ひとつ選ぶのが難しいくらいで す。スポーツデーでは、綱引き、リレー、障害物競走などもありました。また、12月のウィンターセレブレーションでは、小さい子どものクラス、幼稚園部の 後輩たちと一緒に、歌を歌ったり、踊ったり、また、劇を上演します。ウィンターセレブレーションは関西国際学園でも、一番盛り上がるイベントです。

    僕 は、KISの卒業生であることを、誇りに思います。僕は、小さいころから英語を勉強してきたので、いつごろから英語を話し始めたか、はっきりとした記憶が ないほどです。また、関西国際学園でしっかりと英語を勉強したので、中学校の英語のクラスでは、レベルの高いクラスに入ることができました。もし、英語が 上手くなりたければ、絶対に小さいころから英語を習うべきだと思います。

    中学校の友達は、初めて学ぶ英語に悪戦苦闘していて、「英語は難しい!」と言っています。

    僕は、小さいころから英語を学んできたので、英語が難しいと感じたことは、ほとんどなく、楽しく学んでいます。また、初等部では、多くの人の前で、プレゼンテーションをする練習を何度もしました。

    今通っている中学校の授業でも、プレゼンテーションをすることがありますが、僕は、緊張はするものの、はっきり自分の意見を発表することができます。

    もし、英語を学びたいなら、小さいころから関西国際学園に通うのが一番だと思います。