INTERVIEW

キャンパスマネージャー

Campus Manager

松井 春菜

Haruna Matsui

#01 Reasons for application 志望動機

何より大切なことは、子ども達が笑顔いっぱいで過ごせる環境づくり.


マネージャーとは、キャンパスの運営責任者であるため、生徒数管理や保護者対応、園のことを外部に発信するためのDM 送付や広告企画、見学にご来園いただく事の対応など、様々なことにマルチに業務を遂行することが求められますが、何より大切なことは、子ども達が健やかに、そして安全に過ごせる園の環境づくりだと思っています。
園での子ども達の様子を保護者の方にたくさんお話をすること、時に子育ての悩みを傾聴し、今まで色んな子ども達の成長を見てきている経験から、アドバイスをするなど、保護者の心のケアを大切にしています。また、子ども達に接する先生たちとは、日々たくさんコミュニケーションを取り、たわいもない事で笑い合い、みんなが何でも話せる環境づくりを心がけています。特に外国人教師は異国での勤務となるため、不安になることがないよう、来日した時の家探しや病気をした時には病院への付き添いなど、外国人教師にとって日本のおかあさん的な存在でいたいと思っています。
スタッフが明るく楽しく働けることは、自然と子ども達も笑顔で過ごせる環境づくりになると感じています。

#02 Rewarding やりがい

自分の力が人の支えになるとき。


子ども達の笑顔、そして楽しみながら学び、成長する様子を見守ることができること、これに尽きます。また、保護者の方と進学や子育てについてご相談いただく時には、少しでも力になりたいと、共に悩みながらも考えアドバイスを日々していますが、卒園時に、子ども達の成長を振り返りながら「あの時、相談して救われました」と言っていただけた時や、感謝のお手紙を頂く時には、自分が微力ながらも誰かの役に立てているのだということを実感し、この仕事をしていて本当に良かったと、心から感動します。
さらに、学園に興味を持ち、見学にお越しいただいた方がその後ご入園された時など、学園の良さを理解いただけた時には、最高にやり甲斐を感じます。

#03 Unique 他にないもの

学習では培えない、強い武器


私は、海外の大学を卒業しましたが、当時、外国人たちの発言力やプレゼン力に圧倒されました。日本人は到底太刀打ちできません。とにかく色んな意見を言い合います。なぜ、こんなにも日本人と違うのか。なぜなら彼らは幼少期から、人前で当たり前のように発表をする機会がたくさんあるからです。人前で話す機会が少なく、板書ばかりしている日本の教育を受けて来ていた私には、到底叶わないと痛感させられると共に、いかに幼少期の教育が大切であるかを思い知らされました。
多くのインターナショナルスクールは単純に英語力にフォーカスを置いているところばかり。KIA は他スクールとは違い、まさに私が最も必要だと感じたプレゼンやディスカッションを英語でできる力を幼少期から身につけていくことができるだけでなく、これからの社会で必要なスキルを習得できる環境は、他スクールにはなく、KIA で子ども達の成長を見守れることに誇りを感じています。

#04 Relationship 絆

困難をともに乗り越える、家族のような存在


新卒でKIA に入社しました。初の社会人としての勤務。期待と不安が入り交じりながらも、とにかく必死でした。最初は未熟で分からないことばかり。しかし、学園長を始め、先輩マネージャーに温かく迎えてもらい、支えられ、社会人とはこんなに楽しいものだったのか!と感じたことを覚えています。
マネージャーのサポート役として、困った時には共に考え、共に解決をしてくれる存在であるエリアマネージャー各エリアにいます。業務的なことはもちろん、プライベートなことでも様々な相談にのってもらい、悲しい時には励ましてもらい、楽しい時には一緒に思い切り笑ってくれる、そんな頼もしい存在のエリアマネージャーのサポートがあり、社会人としても人としても、たくさんのことを日々教えてもらっています。


#05 Message メッセージ

ひとりでも多くの子どもが、日本を変える力を身につけられること


「子どもは吸収が良い」というのは、万人が知っている事実です。しかし、多くの保護者はお子さんが最も容易く、そして楽しく学びながら、子どもが持つ能力を引き出せる時期を見過ごしています。私は、年間で多数の保護者とお会いしお話をしますが、この状況を目の前にする度に「何ともったいないのだろう…」と感じてやみません。

時代の変化と共に、子を持つ親の考え方も変わっては来ていますが、まだまだ日本の教育は未来の日本を豊かに、そして未来を変えていけるような人材を育てるものではありません。KIA は最先端の教育を行っている学園。私たちが最も誇れる、他に真似できないカリキュラムや取り組みを、多くの保護者の方に理解いただき、ひとりでも多くの子どもが、最高の教育を受けるようにしていくことが、私の夢であり目標です。