INTERVIEW

乳幼児部日本人講師

Early Learning Center Japanese Teacher

宮本 有希

Yuki Miyamoto

#01 Reasons for application 志望動機

英語だけじゃないインターナショナルスクール


世の中には数多くのインターナショナルスクールがありますが、KIA は英語のみではなく、生徒のアイデンティティー形成における母国語(日本語)を重視する点に惹かれました。
私自身、高校で「日本語」の教科以外は英語で科目を学び、大学では日英の両言語で学びました。単純に日本語だけで様々な科目を学ぶのではない環境にいたからこそ、言語を通して海外の文化や価値観の違いを知り、それらの経験から進学した大学院では、さらに視野を広げた研究ができることを経験しました。単純では物足りない、私がそう感じていたこともあり、KIA を知った時にそのユニークさに溢れた環境に惹かれ勤務したいと強く感じました。

#02 Rewarding やりがい

夢は「先生になること」子どもからの最高の褒め言葉


子ども達が楽しんでいる姿を見れること、それこそがやり甲斐です。
今までできなかったことができるようになった時、初めて何かに挑戦する時、おもしろいことを思いついた時など、子ども達の気持ちや感情の高ぶりを共有できることを嬉しく思います。また、生徒から将来の夢は「先生」でなく「KIA の先生」だと言ってくれた時は、とても感動しこの仕事をしていて良かったと痛感した瞬間でした。

#03 Unique 他にないもの

熱い議論を繰り広げられる心地よさ


何事も常に改善していこうと学校全体で取り組んでいることです。毎年、カリキュラムやスタッフ研修などを見直し進化しています。子ども達は、その変化の中で成長していきます。新しいことを恐れない挑戦心を持つKIAの子ども達からいつも学ばせてもらっています。異動で幼稚園部から初等部になった年も、初等部から幼稚園部に戻ってきた今年も新しい職場環境で挑戦できるのは、子ども達が私に見本を示してくれているからです。

#04 Relationship 絆

スタッフの個性を活かした教育の構築


子ども達が今より楽しく安全に過ごせる環境を作りたい。そして、子ども達が学園生活の中で、自立し、他者への思い遣りやそして考える力を養うためには、どんな働きかけができるのか考え続けていきます。その一環として、幼稚園部の日本人スタッフ兼日本語科の統括として、スタッフそれぞれの個性を活かした教育を構築していきたいです。


#05 Message メッセージ

リーダーの育成は、これからの日本を変える力添え。


KIA の理念である「国際社会に貢献できるリーダーの育成」は、もちろん私自身の目標でもあります。この目標は壮大ですが、子ども達が過ごす今という時が未来に繋がり、そして彼らが日々を通して、これからの国際社会に必要なスキルを身につけている、それがいつかは日本を変える希望の光となっていくのです。日本人としての良いところを損なわず、一定の価値観にとらわれず多様性を持って、次世代を生きてほしい。この想いこそが、私の夢です。