Skip To Main Content

京都校 Kyoto

京都校 Kyoto

冬の発表会「ウィンターセレブレーション」を毎年開催しています。

今回の発表テーマは「世界の国々」。
先生が扮する「旅人」が世界をまわる物語です。各クラスがそれぞれ他国の伝統的な衣装を身に纏い、旅人に国の良さを伝えていきます。

発表会といえば、先生が決めたお遊戯を毎日練習して発表するというのが日本の幼稚園でよくある光景ですが、当園ではある程度の骨組みは先生が考えますが、各クラスが演じる内容は子どもたちが考えていきます。

自分たちが担当する国はどの国にしようか?
その国にはどんな伝統や良さがあるのかな?
民族衣装って何だろう?
どんなものを食べているのかな?
どんな曲が有名?
どんな言葉を話すのかな?

子どもたちの心は好奇心で満たされています。
「どうして?」「なぜ?」という気持ちを常に持ち、「もっと知りたい!」という気持ちが湧いてくる。学びの原点は、探究心です。どんな時も、学ぶこと・知ることの楽しさを体感してほしいと思っています。

ステージで使う大道具も、全て子どもたちの手作り。どんな色で塗ろうかな?
本物と同じような色にするには、どの色を混ぜ合わせたら良いかな?

みんなで一生懸命考えた、ウィンターセレブレーションの一幕でした。



In December, We held our annual Winter Celebration.
The theme for this year was "Around the World." It told the story of a 'traveler', played by a teacher, who travels around the world. Each class wears a different country's national costume and tells the traveler about the best of that country.

In Japanese kindergartens, basically the teacher decides on the play and the children practice it every day.

But in our kindergarten department,

Which country should we be in charge of?
What are the traditions and characteristics of the country?
What do they eat? What language do they speak?

The teacher and the children work together to find out. Children's minds are filled with curiosity. "Why?" "I want to know more!" they think.

Learning is born from an inquiring mind. We want the children to experience the joy of learning and knowledge at all times. The props used on stage are all handmade by the children. What color should we paint it? What colors should we mix together to make it look real? This was one of the acts of the Winter Celebration that we all worked so hard on.

幼児教育・保育の無償化
無料体験会