Skip To Main Content

IB at KIA -G7-

IB at KIA -G7-

小学校から中学校への移行は、どこの学校のどの生徒にとっても難しいものです。パンデミック下においても、新G7の生徒達には、中等部での思い出に残るスタートを切ってもらいたいと考えました。

ブラックボックスシアターで執り行った入学式では、G12の先輩たちが作成したウェルカムビデオをうれしそうに鑑賞したりと、とても素晴らしい式になりました。

写真にあるように、入学式当日は中等部の制服をみんなで着る初めての機会でもありました。

学びは教科担任制が導入され、多くの先生が関わるなど、数々の変化を経験しました。新入生が中等部のコミュニティの一員であることを実感できるように、先輩が中心となってオリエンテーションを開催しました。生徒たちは各自のハウスチームで共に活動しました。前期を通して、全員が自己管理能力を伸ばすことができたと感じています。5月に行ったオンライン授業でも、柔軟性と自立性を発揮することができました。

中等部のカリキュラムは非常に厳しい面もありますが、乗馬やミュージカルの制作など、教室の外で新しいことを学ぶ機会も多くあります。

今学期は、アスレチックスデー、ミュージカルプロダクション、サイエンスエキシビション、デザインフェアなど、たくさんのイベントがあり、楽しみにしています。G7の生徒たちはこれまですでにかなりの道のりを歩んできましたが、これからも彼らの成長を期待しています。 

幼児教育・保育の無償化
無料体験会