Skip To Main Content

麻布校 Azabu

麻布校 Azabu

麻布校ではお正月遊びをテーマとした全校集会を行いました。

あるクラスは新年を祝って、さまざまな材料でトラを作りました🐯
ロール紙をリサイクルし、紙粘土で小さな動物の形を作りました。その後、絵の具で飾り付けをして楽しみました。

また、他のクラスではお正月遊びについて日本の伝統的な遊び「福笑い」を体験しました。
福笑いの意味を子どもたちに聞いてみました。「福」の意味はなかなかアイディアが出なかったようですが、「”笑い”はLaughingだよね!」「日本語科で習った”笑う門には福来る”って意味じゃない?」と推測したりして楽しんでいました。


子どもたちはペアを作り、福笑いのゲームに挑戦しました。面白い顔になっていく様子を見てたくさん笑っていたので、「やっぱり笑うとたくさんいいことが起きる!」「そういう意味だね!」と話していました。
PS. 福笑いで描いた顔を子どもたちは”Mr, Hyoroto”と名付けました。

 

At Azabu campus, our first assembly theme for 2022 was New Year’s activities and games. 

One of the classes made tigers using different materials. They recycled paper rolls and shaped paper clay into little animal figures. Afterwards, they enjoyed decorating them with paint.

In another class, they experienced the traditional Japanese New Year’s game "Fukuwarai".
The teacher asked the children about the meaning of Fukuwarai. The students couldn't quite come up with an idea of what "Fuku" meant, but they understood the meaning of “Warai”, saying,  "Warai is laughing, right?" and  "Doesn't it mean 'good fortune comes to those who laugh' like we learned in Japanese language class?"

The children paired up and challenged each other to a game of Fukuwarai.  They laughed a lot when they saw how funny the faces looked, and said, "Now we understand why it’s called Fukuwarai.”
PS. The children named the face they drew with the fukuwarai as "Mr. Hyoroto".
 

No post to display.