KIA Speech Contest 2019

今年の10月に開催された、中高等部のスピーチコンテストのテーマは 「Music & Art: Louder than words」 テーマを通して、子ども達に音楽やアートが持つ、あらゆる違った側面を認識してもらうことが目的でした。

生徒に求めた条件として、ひとつひとつのアイデアを繋げていきながら、理解に落とし込み、音楽とアートそれぞれが人々にどのような影響を与えるのかということを認識することでした。

各生徒のプレゼンの持ち時間は6分間

テクノロジー、人々の視点、感情、視覚的な影響、解釈、映像への効果などのアイデアを結び付け、各自プレゼンスライドを作成しました。このスピーチコンテストでは、子ども達は幅広い視点で、深く考える事にも挑戦しました。 また、このスピーチを作っていくプロセスを経験することで、タイムマネージメントスキルを意識し、その力を大いにスキルアップを図ることができたのも、大きな成果でした。最終的に洞察力に富んだ、とてもクリエイティブなプレゼンは圧巻でした。

KIA Speech Contest for secondary school student. Theme: Music & Art: Louder than words

The purpose of this year’s theme was to inspire students to recognize other aspects of music and art. The task required students to make connections and recognize other influences that music and art have on people. Each participant had to present within six minutes. The students researched and created relevant slides that connected ideas such as technology, perspectives, moods, visuals, interpretations, media and so forth.This speech contest pushed and challenged the students to think outside the box and be reflective thinkers. The build up to the event also allowed the students to be aware and improve time management skills. As a result, students produced creative presentations that were impressive and insightful.