Admission Polisy

アドミッションポリシー

関西国際学園は、日英バイリンガルの探究学習を通して、創造力と責任感を持って国際社会に貢献するリーダーの育成を目指しています。この教育理念に基づいて、生徒達が自ら学び、自ら探究して、創造的な精神をもって課題の解決への道を切り拓く能力を養うとともに、多様な文化への理解と人々との協働の精神を養うことを教育の目標としています。このような教育方針の下、中等部・高等部では以下の学力と資質を持ち、かつ、それらを在学中に発展させていく意欲に溢れる学生を求めています。

  1. 中等部への入学を志望し、明確な目標を有する学生
  2. 自ら学ぶ姿勢と探究心を備え、課題を自ら発見して積極的に取り組もうとする学生
  3. 優れた自己表現力とコミュニケーション能力を持つことを希求する学生
  4. 異なる考え方や文化を尊重し、他者と協働して社会に貢献しようとする意欲を持つ学生
  5. 自然科学・社会科学の基礎知識を備え、母国語・英語の基礎学力を有する学生

中等部では以上のような学生を選抜するための試験を行います。
学生の資質と学力、意欲を多角的に判断するため、以下の種類による選抜試験を行います。

  1. 筆記試験:英語、国語、算数
  2. 個人面接(日本語ないし英語)
  3. 調査書
  4. 保護者面接