French

フランス語

バイリンガルから
マルチリンガルへ

文化的背景が異なる人々を
理解していくことで
国際的な視野を養っていきます。

中等部高等部でフランス語を必修としているのは複数言語を話せる(マルチリンガル)ようになるためだけではありません。フランスの文化、伝統を学んでいくことで、文化的背景が異なる人々を理解していくことで国際的な視野を養っていきます。

フランス語既習者・初心者の両者向けに中高生が興味・関心を持ちやすい題材を扱う教材と最新の語学教授法であるAdosphere法を用いて、生徒のコミュニケーション能力を高め、フランス文化への理解を深めていきます。

生徒は授業初日よりフランス語を用いてコミュニケーションを図ることが求められ、クラスでの聞き取り調査やポスター作りといった課題を通してフランス語を実用的に習得していきます。各授業は4つの言語能力(読む力・書く力・聞く力・話す力)をバランスよく養えるよう取構成されています。
フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)であるDELFの受験対策も行います。

DELF
(デルフ・フランス語
資格試験)

フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば生涯有効な資格です。何歳でも受験することができ、フランスの大学への入学の道も広がります。A1からC2の6段階に分かれており、中等部では第一レベルのA1からフォーカスして学びます。

DELF A1 
フランス語学習をはじめ、少し話せるレベル
DELF A2 
簡単なコミュニケーションがとれるレベル
DELF B1 
大きな問題なくコミュニケーションがとれるレベル
DELF B2 
仕事や高等教育においてフランス語でコミュニケーションがとれるレベル
DELF C1 
フランスのどの分野の大学でも勉強ができるレベル
DELF C2 
ネイティブレベルでのフランス語力とみなされるレベル