Drama

演劇

芸術を楽しむ

演劇アクティビティを通して
英語を自然に、
流暢に話せるように
サポートするとともに、
生徒たちの自己表現力と
芸術的な感性を
高めることを目的としています。

中等部のドラマクラスでは、演劇アクティビティを通して英語を自然に、流暢に話せるようにサポートするとともに、生徒たちの自己表現力と芸術的な感性を高めることを目的としています。アクティビティを通して、演技力や舞台度胸を鍛え、自己を表現することに自信をつけていきます。また、芸術が個人及び文化的アイデンティティを形成する上で、どのような役割を果たすのかについて理解を深めていきます。

また、古典から現代までの演劇作品の研究を通し、それぞれの作品が創り出された文化や時代背景に対する知識を深め、芸術を楽しむ感覚を鍛えていきます。また、数々の作品に触れることで、1つの作品だけにとどまらない普遍的なテーマと歴史的事象や、それらが作品に及ぼす影響について比較、研究することにも取り組んでいきます。

KIA Black Box Theatre

KIA ブラックボックスシアターは、その名の通り、「真っ黒な箱」のような劇場です。一般的な劇場と異なり、決まった場所に客席やステージがなく、先入観を持たずに創作活動ができるように設計されています。また、空間を彩る舞台照明、巨大な映像を映し出す3面スクリーン、劇場を包み込むように響き渡る音響システムを兼ね備えており、生徒達の無限の想像力を具現化します。真っ黒で遮るもののない空間で、無限の創造力が「カタチ」になる瞬間を、学校生活の中で体験できます。

演劇鑑賞
Field trip Performances

関西国際学園では「本物に触れること」を大切にしています。「本物に触れること」で芸術的感覚を鍛え、劇場、舞台空間、役者、音響や照明など、映像からは得ることのできない空間に触れることで感性を刺激します。また、鑑賞前後の学習では、舞台作品の文学的、歴史的背景を学び、観賞を通して得た感覚を共有する機会を得ます。演劇鑑賞は、歌舞伎、ストレートプレイ、ミュージカルなど、幅広い分野を含みます。

ウィンター
セレブレーション
Winter Celebration

ウィンターセレブレーションは、学園が一丸となって行う冬のパフォーマンスイベントです。
9月のオーディションで選ばれたキャストを中心に、初等部中等部が協力し、約2時間半の舞台を創り上げます。600もの客席数を持つ舞台で、大勢の観客を前に、表現することの楽しさや、緊張感を経験します。中等部では、舞台に立つキャストだけでなく、メイクデザインやコスチュームデザイン、舞台音楽やビデオ映像の作成を担当する機会もあります。約2ヶ月半の稽古を通して、大きな舞台を作り上げる責任感と、やり遂げる達成感を学びます。