空手

Karate

心技体を鍛え、
人として成長する。

日本人としての礼儀作法を学び、
精神面「心」を鍛えます。

日本の武道は「礼に始まり、礼に終わる」と言われるほど、礼節を重んじています。関西国際学園では初等部から「空手」を授業に取り入れていますが、空手は単なるスポーツではなく、空手「道」であり、人として成長するための道です。「技」を覚え、「体」を鍛えるだけが目的ではありません。日本人としての礼儀作法を学び、精神面、つまり「心」を鍛える、関西国際学園の全人教育の一つだと考えています。

授業では、世界空手道選手権大会で優勝の経験を持つ村上糸東流武育会の会長の指導の下、基本の技と方の練習に励んでいます。
外部の大会への参加や外部の空手道場との合同練習、年に1回の昇段試験があります。