PRIVACY
《 前文(平成27年10月1日付 株式会社 関西国際学園) 》

株式会社関西国際学園(以下、当学園という)は、個人情報の保護について、その重要性を深く認識すると共に、「個人情報の保護に関する法律」ならびに当学園が定める「個人情報保護基本方針」(以下、当プライバシーポリシーという)を定め、当学園は受験生・在園生・卒業生とその保護者および保証人等から提出された個人情報(以下、各種個人情報という)の取り扱いについて当学園の職員に周知徹底すると共に、あらゆる個人情報の適正な取り扱いに努めることを以下の通りお知らせいたします。

《 第1条:当学園が収集する情報の種類 》

関西国際学園は個人情報の保護について、その重要性を深く認識するとともに個人情報保護の基本方針を定め、 個人情報保護に努めます。またそのことを周知徹底し適正に運用します。

《 関西国際学園 個人情報保護方針 》

当学園にて教育を受けようとする者とその保護者および保証人等の各種願書・届出等の手続きにおいて適正かつ公正な手段によって下記の情報の提出を求めるものとします。

第1項 受験生および在園生、またはその保護者および保証人等の氏名、生年月日、住所、電話番号、性別、Eメールアドレス、顔写真等、入園・入学に際し当学園が必要と認める情報
第2項 在園生および卒業生、またはその保護者および保証人等の氏名、生年月日、住所、電話番号、性別、Eメールアドレス、顔写真等、その他、生徒が健康で安全に通学および適正に学修する為に当学園が必要と認める情報
第3項 在園生が健康で安全に生活する為のアレルギー情報・病歴・予防接種履歴・在籍国情報および在園する間の緊急連絡先など、家族情報等
第4項 入園・入学が認められた者が当学園に通園・通学するにあたり、その授業料などを適正に納める為の口座情報など
第5項 その他、当学園が必要と認める情報

これらの各種個人情報は、生徒が健康で安全に通学および適正に学修する為に必要な情報として収集するものです。

《 第2条:個人情報の収集と利用目的について 》

第1項 個人情報の収集は当学園の業務の目的を達成するために必要最小限度の範囲内で適正かつ公正な手段により行います。ただし本人と保護者または保証人等の承認がある場合や、自然災害や突発的な事故などにより個人の生命や健康および安全が脅かされると客観的に緊急事態であると認められる場合は、この限りではありません。

第2項 提出された各種個人情報については、下記の表の通りの目的に使用します。

在籍関係 在籍登録
在籍異動(入園・退園等の関係資料作成)
学修関係 カリキュラム登録、在園者名簿作成、カリキュラム相談・指導、成績通知書作成、卒園証書、成績関係資料作成
学生生活関係 健康診断・健康相談・学園生活に関する指導・助言
授業風景および
学園風景の撮影
学園内の防犯、
カリキュラムの実施状況および講師の指導内容の把握
授業内容の均一化および授業内容の遠隔指導
国際交流 海外留学等に関する指導・助言
各種証明書発行 在園証明書、成績証明書、健康診断証明書、卒園(見込)証明書等関係資料作成
学費等関係 学費納付案内、学費延納分納手続
学費未納による督促状・退園予告・退園通知および関係資料作成
連絡・通知 上記各項目に関する連絡・通知およびその他当学園での教育活動および学園生活に必要な連絡・通知

第3項 その他、当学園広報活動・式典・行事案内等についても利用する場合があります。

《 第3条 個人情報の管理方法について 》

第1項 当学園では、あらゆる個人情報について適正かつ厳密に管理し、原則として上記に示した利用目的以外には使用しませんが、次に挙げる項目のいずれかに該当する場合は、在園生および卒業生本人と保護者および保証人等の同意を得ないで情報を提供することがあります。
  1) 行政機関等への協力義務に基づく合理的理由がある場合
  2) 個人の生命・健康の危機などの緊急事態などの不測の事態に際した場合
  3) 客観的合理的に情報の提供が必要と認められる場合
第2項 在園生および卒業生の学修・教育活動・支援の為に、関係団体への情報提供を行う場合には、所属キャンパスまたは当学園説明会などにより情報提供が必要である旨を説明し、在園生および卒業生とその保護者および保証人等の同意を得て提供するものとします。
第3項 外部に業務を委託する場合は、委託先と「個人情報保護に関する覚書」を締結し、個人情報の改竄および外部への漏洩等が発生しないように努めます。

《 第4条 個人情報の第三者への提供または開示について 》

第1項 当学園では、あらゆる個人情報について適正かつ厳密に管理し、原則として上記に示した利用目的以外には使用しませんが、次に挙げる項目のいずれかに該当する場合は、在園生および卒業生本人と保護者および保証人等の同意を得ないで情報を提供することがあります。
  1) 行政機関等への協力義務に基づく合理的理由がある場合
  2) 個人の生命・健康の危機などの緊急事態などの不測の事態に際した場合
  3) 客観的合理的に情報の提供が必要と認められる場合
第2項 在園生および卒業生の学修・教育活動・支援の為に、関係団体への情報提供を行う場合には、所属キャンパスまたは当学園説明会などにより情報提供が必要である旨を説明し、在園生および卒業生とその保護者および保証人等の同意を得て提供するものとします。
第3項 外部に業務を委託する場合は、委託先と「個人情報保護に関する覚書」を締結し、個人情報の改竄および外部への漏洩等が発生しないように努めます。

《 第5条 法令・規範の遵守とプライバイーポリシーの改廃 》

当学園は保有するあらゆる個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守すると共に、当プライバシーポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

《 第6条 免責事項について 》

第1項 当学園は、学園ホームページの運営および個人情報の管理体制において充分な配慮と手段を講じておりますが、不測の事態や不慮の事故、またはサーバーへのコンピューターウィルス侵入等その他予測しえない有害な事象が万が一発生し、ご利用者様に不利益が発生した場合にも、一切その保証をいたしませんので予めご了承ください。
第2項 当学園は、事前の予告なしに学園ホームページ上の情報を変更および中止することがあります。また、その変更あるいは中止による情報の使用・未使用によって生じたいかなる損害について責任を負うものではありません。