学園本部:〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス7階

06-6643-3361

  • Home >
  • 乳幼児部

乳幼児部( バイリンガル 保育 )

インターナショナルスクール 保育園( バイリンガル 保育 )

クラス編成

能力開発クラス

手遊び歌や五感を刺激するレッスンで、親子で楽しく英語に親しむクラス

右脳開発プログラム・歌・ベビーサインなどを取り入れた親子向けのレッスンです。

脳だけではなく、心身の発育に大変重要な基礎となる時期のお子さまに、成長過程の必要な環境を提供しています。

開講内容

曜 日:マタニティ・ベビー:火・木 / トドラー:水・金

時 間:9:00~9:40 または 9:10~9:50 の40分

対 象:マタニティ・ベビー:妊娠中の方~生後9ヵ月のお子さままで
    トドラー:生後10ヵ月~2歳児まで  ※保護者の方同伴

授 業:週1回コース、週2回コース

マタニティ・ベビークラス スケジュール

9:00~9:10 ウォームアップタイム

9:10~9:25 チャンツ・カードなど

9:25~9:40 Babyヨガ・Babyサインなど

トドラークラス スケジュール

9:00~9:10 ミニサークルタイム

9:10~9:25 チャンツ

9:25~9:40 カード・ベビーヨガなど

Teddy Bear / Mermaid (テディベア/マーメイドクラス)

右脳開発プログラムをベースにした、独自のカリキュラム

満1歳~2歳児のためのクラスです。 英語での歌やダンスをはじめ、無限の可能性を引き出す、右脳開発プログラムを採用。

世界でも認知されている右脳開発プログラムをベースに、すべての子どもの知性、身体力、社会性の能力を最大限に発揮させ、優秀なレベルにまで引き上げることを 目標にカリキュラムが組み立てられています。

園生活を通して、着替えや食事、トイレトレーニング、お手伝いなど、さまざまな機会から自立を促し、独り立ちのサポートをしています。

テーマに沿ったクラフト制作やアクティビティエリアの道具を用いて手先を使った遊びに没頭したり、毎日の外遊びや自由遊びなどでたくさん身体を動かし、子ども たちはたくさんのことを体得しています。 成長に必要な刺激のある環境で、子どもたちの心身の発育を促し、身の回りの環境についての理解を深め、たくさんのことを 吸収できるカリキュラムが構成されています。

開講内容

曜 日:月曜日~金曜日

時 間:10:00~14:00

対 象:満1歳~2歳児

授 業:ショートコース(週1回~週5回)・ロングコース(週3回~週5回)

クラススケジュール

10:00~10:40 Circle Time サークルタイム

         ●Phonics ●Songs & Dance ●BOI ●Monthly Topic 10:40~10:50 Tea time and Toilet time お茶休憩・トイレ休憩

10:50~11:30 Play time お外遊び

11:30~12:30 Lunch time ランチ

12:30~13:00 Individual time 自由遊び

13:00~13:30 Craft 工作

         Video time ビデオ

13:30~13:50 Japanese 日本語

13:50~14:00 Circle Time 終わりの会

▼ロングコース

14:00~16:00 Nap Time お昼寝

16:00~16:30 Snack Time おやつ

16:30~18:00 Individual time 自由遊び

右脳開発プログラム

右脳は、イメージやひらめき、感性などを司る脳で、大量の情報を高速に処理し記憶します。

0歳から3歳までは、この右脳が優位な時期で、大量の情報を速いスピードで見せていくことで右脳を刺激することができます。

関西国際学園では、最先端の脳科学研究のデータに基づき、能力開発クラスやELCクラス(乳幼児部)では、2万枚以上のフラッシュカードを使用して右脳開発レッスンを行っています。

さらに、保幼小一貫教育ならではのプログラムで、この期間に育てた右脳の力を左脳へとスムーズにつなぎ、脳をバランス良く刺激。後の学習で子どもたち一人ひとりの力を最大限に引き出します。

Babyサイン

赤ちゃんが自分の考えを伝える手段の一つとなるBabyサイン。

思いを言葉で伝えられない子どものストレスを減らし、それを保護者や保育者が受け止めることで、健康的なコミュニケーションが確立できます。

また、指を使うことで脳を刺激する効果もあります。 関西国際学園の能力開発クラスやELCクラス(乳幼児部)では、クラスや生活の中で意思を伝えられるように、レッスンに“Help”や“Thank you”などのBabyサインを取り入れ、日々、コミュニケーションを図っています。

就学前教育の重要性