CURRICULUM LABO
《 カリキュラム・ラボについて 》

「カリキュラム・ラボ」は関西国際学園の「頭脳」です。
関西国際学園の教育理念である「国際社会で活躍できるリーダー」を育てるため世界各国からさまざまなプログラムを集め、それらを有機的に組み換え、独自のカリキュラムを構築しています。
「社会でリーダーとして活躍するためには、どのようなカリキュラムが優れているのか」という点に絞って、学園創立の2001年から試行錯誤を続けてきました。
英語を教えるインターナショナルスクールではなく、グローバル社会で必要な言語力、知識と人間性を養うリーダー教育を実現するためにカリキュラム・ラボは存在しています。

《 1. カリキュラムの構築 》

カリキュラムの統一は、カリキュラム・ラボの理念の核心です。
カリキュラム・ラボは、 人材開発、研修部門、テクノロジーと教材開発の4つの部門で構成されています。
各部門には、ラボ専任スタッフと担任クラスを持っている各部門の統括主任(乳幼児部、幼稚園部、初等部)が在籍しています。
世界中の英語教育や多言語教育に基づく教育理論や指導法を研究し、現場に取り入れています。
このように、研究と実践を繰り返しながら、私たちのカリキュラムは常に進化を遂げています。

《 2. オリジナル教材の開発 》

関西国際学園独自のカリキュラムに合った教材の開発にも力をいれています。
子どもの発達段階に応じた教本や練習帳などを考案し、作成しています。

《 3. 人材育成、採用 》

英語を教えるだけではありません。
子どもたちの模範として、社会で生きていく上で必要なスキルとモラルを伝えることができる教育者を厳選して採用しています。
採用基準には指導力と人間性を重視します。
書類選考、面接と模擬授業の3段階を経て採用になります。

《 4. 教師評価と教師研修 》

常に教師のレベルアップを図る為に、年2回の全スタッフ研修と個々の研修プログラムが設定されています。
また、年に2回の教師評価を行い、指導案や指導方法、教材の活用の状況などを確認します。

《 5. 他校見学(国内外学校見学) 》

学園を代表してラボメンバーや教師陣が、毎年世界各地の学校を見学に行きます。スイス、イギリス、オランダ、フィンランド、オーストラリア、カナダ、ハワイ、アメリカ本土などの学校を見学し、世界最先端の教育を生で体感し、教育者と意見交換をすると共に、関西国際学園を認知していただく貴重な機会です。一つとして同じ学校はない、というのが学校見学で常に感じていることです。そして、素晴らしいと思う学校の教育者の方々は「学校は、教育は、常に進化しないといけない」として、子どもたちの個性を尊重した生徒主体の学びの場を実践されています。

海外学校見学の報告はスタッフや保護者の方々とも共有し、世界各地で取り入れられているカリキュラム、バイリンガル教育事情、指導方法、施設、教師研修などについて関西国際学園の発展にさまざまな形で取り入れています。また、子どもたちの短期長期留学先の開拓をし、世界各国のスクールと提携をしています。