Concept
《 教育理念 》
日英バイリンガル教育を通して
国際社会に貢献できるリーダーの育成
《 学園長よりごあいさつ 》
子どもたちを信じて未来を生きる力を育む。

国際化が進む中、英語を社内公用語にする日本企業が増加していくなど、
私たち日本人にとっても、英語は欠かせない言語となってきています。
子どもたちが活躍する20年後の社会では、さらにボーダーレス化が進み、
英語がコミュニケーションツール、共通語として位置づけられていることでしょう。
このような社会情勢において、関西国際学園は、国際カリキュラムを取り入れたイマージョン教育で、
「グローバルな視野を持った日本人」を育てることを目標に掲げています。
単に英語が話せるだけではなく、コミュニケーション能力を重視。
また、日本語や日本の文化をきちんと学び、国際人として活躍するために欠かせない、
日本人としてのアイデンティティーを育みます。
私たちは信じています。子どもたちがたくさんの秘めた力を備えていることを。
様々な言語を使用して、世界とコミュニケーションを図っていけることを。自分で確かめながら進み、学んでいることを。
これらの信念に基づき、関西国際学園では独自のカリキュラムを構築。
学力向上だけでなく音楽や体操など、バランスのとれた教育を通して、
子どもたちが国際社会でモラルのある聡明なリーダーとして活躍できるよう、力を注いでまいります。

《 母国語教育 》

関西国際学園の理念は「国際社会に貢献できるリーダーの育成」です。
その土台となりうるのが「アイデンティティー」になります。

その一つが母国語である日本語の重要性です。
第一言語が発達することなく、第二言語だけが発達することはありません。

日本で生まれて、日本語環境の中で育ってきた子どもたちが、
第二言語である英語をマスターするためには、
まず母国語である日本語教育をしっかりとしていかなければ飛躍的な成長は望めません。

ここは他のインターナショナルスクールと大きく異なるところです。

次に、日本の歴史や古典など、日本人として世界中の人たちと渡り合っていくリーダーには、
生まれて育った日本独自の文化や習慣、またそれらが成り立ってきた歴史を学ぶことが重要です。

自分は日本人として、数千年の歴史の最先端の今を生きているのです。

日本の過去の出来事やそれらが起こってきた考え方を学ばずして日本人であることはできません。

リーダーとして、自分のルーツを学んでこそ、アイデンティティーは養成されると考えています。