ヴィッセル神戸
茂木健一郎講演会

トップイントロ

関西国際学園は、国際カリキュラムを取り入れたイマージョン教育で、「グローバルな視野を持った日本人」を育てることを目標に掲げています。

単に英語が話せるだけではなく、コミュニケーション能力を重視。

また、日本語や日本文化をきちんと学び、国際人として活躍するために欠かせない、日本人としてのアイデンティティーを育みます。

関西インターナショナルスクール神戸校開校

英語が話せるのはあたりまえ

学校見学会・ご相談随時開催中

関西インターナショナルスクールの5つの強み

2
大阪フィルハーモニー楽団奏者
のバイオリン・ピアノ教室
1
多言語教育プログラム
フランス語・中国語など
5
有名塾の講師による園内塾
浜学園の有名講師が担当します
3
元世界チャンピオンの空手教室
文武両道・強い体と賢い脳をつくる
4
そろばん教室
暗算力と右脳を発達させる

関西国際学園には、関西インターナショナルスクール2校、サクラインターナショナルスクール5校、合計7校の学校があり、教育内容にも違いがあります。
『関西インターナショナルスクール』と『サクラインターナショナルスクール』の違いについて

関西国際学園には、大阪(大阪市天王寺、東大阪市、枚方市)、京都(京都市)、兵庫(芦屋、、明石、姫路)の関西各地域に7つのインターナショナルスクールがあります。
保・幼・小一貫英才教育(保育園、幼稚園、小学校)を基本とし、英語はもちろん、日本語教育にも力を入れ、グローバル社会に通用する国際人(国際的なリーダー)の育成に尽力しています。 またバイリンガル教育として、フランス語や中国語の選択科目や、英語では小学校部卒業者が100%卒業までに英検2級合格するこことを目指し、多くの実績を残してきました。
関西インターナショナルスクールの東大阪校は、英語検定試験、漢字検定試験の準会場として登録されています。

【関西国際学園グループ】
 ・関西インターナショナルスクール
   東大阪校、芦屋校
 ・サクラインターナショナルスクール
   京都校、枚方校、明石校、姫路校、天王寺校
 ・所属部
   乳幼児部(保育園)、幼稚園部、小学校部

pagetop